スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3. 耳力(聞き取る力)

よく耳力などのタイトルで英語力を磨くような本を書店で見受ける。たぶん言いたいことはどの本も同じだと思う。
要は何よりも英語を聞き取る力が大事、そしてそれを身につけるには、ということが載っている、、、のだ思う。言語の波長や口の使い方が違うので、馴染みのない方にはなかなか言葉を聞き取れないことがあると思う。
これを、単語がわからないからと思って、単語を一生懸命覚えても聞き取れるようになるものでもない。逆に聞き取れるようになると、会話の中で分からない単語に出会った場合、文脈の流れで予想したり、わからなくてもおおよそ言わんとしていることを予測できたり、または正直に「どういう意味?」と聞いたりすれば良い。
日本語で会話していてもそれは同じことだと思う。

では、リスニングを伸ばすにはどうしたら良いのだろうか。いろいろ試した結果、私は前回に書いた「発音」を身につけることにあると思う。要は自分で喋れなかったら(発音の仕方を知らなかったら)聞き取るのも簡単ではない、と思う。

後は真剣に聞くことである。
私は何の経験もないにもかかわらず、大学のジャズバンド部に入ってギターをはじめた。はじめは、曲の書き起こしから始める。
音符の読み方も知らなかったので、曲をちょっと聴きてはそれと同じ音を探してノートに書き込んで、また聞いて、とそれを繰り返していた。
この作業を通して、私は「何かを聴く」ということを一つのスキルとして考えるようになった。
要は英語だけでなく何かを聴くということも同じことだと思う。書き起こさなくてもいいので一つ一つ聞く練習をすること。
時々、なにかの本なので、「大枠を把握すれば良い。細かいことは気にしなくて良い」などのコメント見受けることがあるが、それは状況によっての開き直りであって、学ぼうとする人がそのように開き直らないほうが良いと思う。
因みに、下の『Recommended』に貼ってある本「低速メソッド」は発音及び耳力を鍛えるのにとても良い本です。なかなか英語が上達しない方、一度試してみてください。
よろしければこちらをクリックしてください:

スポンサーサイト

2. 発音と発声

アメリカ人の英語を聞いていて気づくと思うが、発音だけでなく発声も違う。俳優でなくても図太い声を出す人が多い。
私自身、西欧の人と話している最中、手を耳につけ「何言ってるの、聞こえないよ」なんて素振りをされることがある。はじめは発音が悪いと思っていたが、そうではなく英語を話す時の発声が悪かったと気づいた。
”少々発音が悪くとも、発声が良いと通じることがよくある”。
また、発声が良いと気持ちもよくなり自信もつく。またそれに伴い、英語を喋る際に身振り手振りもつき始める。

私はフランスに1年いる間、以前オペラ歌手だったというアメリカ人にボイストレーニングを受けた。もともと小さい頃のどを痛めたことがあり、機会があればトレーニングしたいと思っていた。
出来れば一度ボイストレーニングの教室を訪れることを勧めるが、もっと手早い方法は「英語の歌を歌うこと」。
歌を出来るかぎり真似してみること。そして録音して確認すること。発音もだが発声も出来るかぎり真似してみること。
のどを痛めると良くないので、教室に行くかYouTubeなどでそのようなサイトを探してみることを勧める。

僕は個人的にヒラリークリントンの若かりし頃の声と発音が好き。

よろしければこちらをクリックしてください

1. 発音を学ぶとは

「発音よりも話すことが大事」とよく本で見るけれど。これは当然、発音が完璧になるまで英語を喋ろうとしない人への言葉。発音が悪くてもどんどん話すことが大事、それはそうだが。。。

”発音の練習は野球でいうと素振りみたいなもの”、と思う。
以前、発音のことを何も知らずに英語を話していた。つまり日本語英語。例えば、単純にRとLの発音の違いもなく、また、Sの発音も日本語のスと同じように単純に話していた。
小さい頃から英語を話す環境にいる人や適応力や言語力がすぐれている人は、頭で考えることなく自然と発音できるようになったかもしれないが、それ以外の人たちはなかなか発音を身につけることが難しいと思う。
だからこそ、毎日のように”素振り”をする。それもイチローのように、練習のための練習ではなく、本番(プレゼン、ファシリテーション、ディナー)を想定して練習する。例え発音の練習でも。

そんなに大したこと話してないのに発音が良いと信用される、そんな状況を何度となく見た。当然、発音だけが良いのではなく、発音もその人自身の一つの要素と考える方が良い。

だから、「発音なんてどうでもよい。話すことが大事」なんて開き直らずに、ぜひ発音を上達したいといつも練習している。どのように練習しているかは後に書きます。
次回は、「発音を上達させることはリスニングの上達にも結びつく」について書きます。
よろしければこちらをクリックしてください:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。