スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

このブログは、私が外資系で20年働いてきた中で、外資系もしくは海外で働くにあたって、どのように英語でコミュニケーションしてきたか、どのように英語を勉強してきたか(またはしているか)、について書いたものです。英語を使って仕事ができるようになることで、当然仕事の範囲が日本だけでなくそれ以外の国に広がるのである。 グローバル化が進む中で、いつまでも就職を日本国内のみで考えるのは無理があり、これからは海外にも視野を広げて職を探すべきである。つまり、’就職戦線に国境なし’の時代が来ている。 現在、私は英系の企業にて働いている。そこではイギリス人、フランス人、シンガポール人、中国人、オーストラリア人など国籍さまざまな人達が働いているが、私もそのうちの一人。現在の会社で私以外日本人がいないようだ。 英語?実は全く得意ではなく、自分の英語力にイライラすることもあり、今でも劣等感を感じている。働き始めた当初は、発音も、言い回しもとてもひどいものだった。でも現在は海外でそれなりの立場で働いている。 さてどのように英語を勉強し、どのようにコミュニケーション力を身につけてきたか。これからそのことについて書こうと思いますが、その前に、次回は自分の生い立ちとキャリアについてブログします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。