スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介(私と英語)〜 シンガポール勤務

結婚後、数ヶ月してシンガポール勤務となった。
妻が「海外に住んだことがない。ぜひ住んでみたい」と言い出し、上司に相談。といっても上司には「海外で挑戦したい」と希望。上司はアメリカ人で、とても楽天家。
「インドネシア、シンガポール、タイ、台湾ならすぐ行けるよ」という感じで、シンガポールに決まった。
とんとん拍子で話が進んだ。後で知ったことだが、私の部署で日本から駐在員扱いで海外勤務になったのは初めてだったらしい。こんな調子で来たチャンスにはのる方だった。

ところが、シンガポールで働きだして毎日がとても大変だった。家族がいなかったら本当に帰っていたかもしれない。
先ず、着任当初の上司はオーストラリア人だった。このオーストラリア人のアクセントがキツく何を言っているのか分からなかった。
次にシンガポーリアンのアクセントになれなかった。突然話し始めると、中国語を話しているのか英語を話しているのか、彼らのアクセントがどちらも同じで聞き取れなかった。
さらに、私もこんな状況の中で自信がなくなり、自分の英語もいつもより、か細くなってきた(英語を話す時は発声が日本語と違うと思っている。後で記述します)。
そしてミーティングでの意思決定があまりにも雑で、こんな決め方でいいのかと驚くことが何度となくあった。私にも決定権があり、かつその場で求められ、それに対して答えられずに、どんどん自信をなくしていった。
この期間が働き始めて一番きつかったとも言える。

でも気がついたら、シンガポールに来て10年が経った。今では、ミーティングも仕切るし、プロジェクトもリードし、シニアマネジメントにプレゼンテーションもするようになった。
まだまだ自分の英語にしどろもどろすることもあるが、働き始めた頃に比べると私の英語力も随分成長したのではないかと思う。
次回からいよいよ英語をつかって働くことについて、そして私が考えた勉強方法に移ります。
たぶん次回のアップデートはこの週末になると思います。
よかったらこちらをクリックしてください:


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。