スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.みんなも分かっていない

ミーティングに出ていてよく思うのだが、意外とみんな話している内容を理解していない。
それでも平気で発言している。

ミーティングの後に同僚達と話すとみんな理解していなかったりする。だからプロジェクトマネージャーをしていると本当に大変。何が決まったかみんな理解が違ったりするから。

傾向として、日本人は「人の話をよく聞くこと」を重んじる。だから、分かっていないと発言してはいけないと思ってしまう。
よく、「分かっていないならしゃべるなよ」なんて嫌味なおじさんが必ず日本の会社にはいるだろう。

でも日本の外では、分からないから聞く・発言すると考える。よく聞いて理解をするのではなく、質問して理解をするのだ。
時々「さっき言っただろう」なんて言われるが、基本的にそう言われても気にしていない。

なんでもかんでも聞けばいいというわけではないが、’分からないとミーティングに貢献できない’という考えが基本にあるのだ。

それでも不思議なことにミーティングの後、理解をしている人は少ない。。。。

「日本人ほど人の話をよく聞いている人はいない」と信じ、理解していないかどうかは気にしない。どんどん聞いてみることから始めよう!
よろしければこちらをクリックしてください!


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。