スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.的確に伝える

英語を話す(英語でコミュニケーションする)上での心構え4つ目、「的確に伝える」。’What’を聞かられたら’What’を答える。’How’を聞かれたらHow’を答える。 
日本人は先ず前提を話し始める傾向がある。多分、誤解されないためか、相手に詳しく知ってもらうためか。
’What’を聞かれて’What’で答えた時、その返答が相手に誤解される恐れがあると、’What’を答える前に前提を話し始めてします。でもこれが往々にして相手を苛立たせる。
そこで、’What’を聞かれたら自信を持って’What’を答える。相手がネガティブに反応してきたら、そのバックグランドを話すと良い。
恐る恐る話すのはよくない。自信を持っているなら自信を持って話す。たとえ間違えていても相手は納得する。
これ日本人だけでなく他の国籍の人でも見受けられる。特にひどいのがインド人。ちょっと日本人と傾向は違うが、’What’を聞いているのに自信を持ってHow’を話してくる。話しているうちに他の話題になっていたりして、逆にこちらが質問されていたりする。
でも彼ら基本的に何の疑いもなく話し続ける。こちらが話が脱線していることを指摘すると、なにも悪びれることなく、どうしてその話をしているか説明し続ける。。。。私が聞きたいことは違うのに。。。
でも彼らの’自信をもって話す’姿勢は見習うべきである。

よろしければこちらクリックしてください:

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。