スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余談:子供の英語

ちょっと余談になりますが、子供の英語について。
私が学校を卒業してから、英語で働くようになるまでどうしてずいぶん英語の勉強に時間を割いたのか。よく、どうして中学・高校と少なくとも6年間英語を勉強しているのに英語をしゃべれるようにならないのか。
今では、学校の英語教育も変わってきたのだろうけど、一つ致命的な問題は「英語を日本語に訳させること」。
これはやってはいけないことだと感じている。だから、つい最近私の子供が英語教室のトライアルに行ったが、そこでもこの日本語訳を普通にやっているので、そこには行かないことにした。
たぶん日本の英語教育は、つい最近まで、明治時代から変わっていなかったのではないだろうか。この日本語訳が重視されたのは、英語のわからないお偉いさんに通訳する人を育ためために行われたのだろう。それがいつのまにか何も見直されることのないまま続けられたのだろう。
また、学校では、生徒が英語文章の意味を理解しているか先生が確認するために日本語に訳させているのだろう。つまり、目的ではなく手段のために行われているのだ。

しかし、英語で働くうえで、翻訳家などの特別な仕事に就かない限り、日本語に訳すことはない。また誰かに訳すとしても、直訳せずに要約しか伝えない。
多くの人が感じているように、英語でコニュミケーションする際、日本語に訳さない(してはいけない)。

つまり、子供の頃からこの「英語を日本語に訳す」勉強はしない方が良い、、、絶対にしてはいけない、と思います。
よろしければこちらをクリックしてください


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。