スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介(英語と私)〜 学生

先ずは私の生い立ちと英語への関わりについて。
私は田舎で育ち、学校と受験勉強以外で英語に接することはなかった。この時の勉強が後の私の英語上達の足かせになるとは当時は思いもしなかったが。。。
私の出身地では、当時、ほとんど外人を見ることもなく、正直、欧米人はみんな英語を母国語としていると高校生まで信じていた。これは大きな間違えだったが、英語は私にとって学校の勉強の一つにすぎなかった。つまり、「英語のテストはもうしません」なんて文部省が決めたら、全く触れることはなかった思う。
そんな私が初めて英語をアメリカ人と話したのは、一人バックパックで中国を旅した大学3年生の時。ホステルで同室になったアメリカ人(マイク)と一緒に数日過ごした時のことだ。私は知る限りの英語で話すのだが、話したいことはあるのに、全く英語で表現できなかったのだ。。。。とてももどかしかった。6年間も学校で勉強してきたのに全く通用しない。
そして帰国後私は早速留学を計画し始めた。次回は留学について。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。